合同会社(LLC)の基礎知識、株式会社との比較、合同会社(LLC)設立手続を詳しく解説。合同会社(LLC)設立なら合同会社(LLC)設立支援.NETへお任せ下さい。

合同会社(LLC)設立支援.NET » 合同会社の業務執行について » 合同会社(LLC)における業務執行社員の義務(2)

合同会社(LLC)における業務執行社員の義務(2)

競業避止義務

業務執行社員は、会社の業務を遂行する強大な権限が与えられており、また業務上の機密にも通じているため、その地位を利用して会社の取引先を奪うなど、会社の利益を犠牲にして自己や第三者の利益を図る危険性があります。

そこで、会社の利益を守るために、業務執行社員が下記1,2の行為(競業行為)を行う場合には、定款に別段の定めがない限り、当該業務執行社員以外の他の社員全員の承認を受けることを必要とし、承認を得ずに下記1,2の競業行為をした場合、合同会社(LLC)に対して損害賠償責任を負うことになります。

競業行為

  1. 自己または第三者のために合同会社(LLC)の事業の部類に属する取引をすること。
  2. 合同会社(LLC)の事業と同種の事業を目的とする会社の取締役、執行役、業務を執行する社員になること。

なお、合同会社(LLC)の業務執行社員が、他の社員全員の同意得ないで1または2の行為をしたときは、1または2の行為によってその業務執行社員または第三者が得た利益の額は、合同会社(LLC)に生じた損害の額として推定されます。

利益相反取引の制限

業務執行社員がみずから当事者として、または他人の代理人として合同会社(LLC)と取引する場合には、業務執行社員が合同会社(LLC)から不当に安い価格で商品を仕入れる等、合同会社(LLC)の利益を害する危険性があります。

そこで、会社の利益を守るために、業務執行社員が下記1,2の行為(利益相反取引)を行う場合には、定款に別段の定めがない限り、当該業務執行社員以外の社員の過半数の承認を受けることを必要とし、承認が得ずに下記1,2の利益相反取引をした場合、合同会社(LLC)に対して損害賠償責任を負うことになります。

利益相反取引

  1. 業務執行社員が、自己または第三者のために合同会社(LLC)と取引しようとするとき(直接取引)。
    • Ex. 業務執行社員が合同会社(LLC)と売買契約を締結しようとするとき。
      →社員の過半数の承認が必要
    • Ex. 業務執行社員が第三者の代理人として合同会社(LLC)と売買契約を締結しようとするとき。
      →社員の過半数の承認が必要
  2. 合同会社(LLC)が業務執行社員の債務を保証することや、その他社員でない者との間において合同会社(LLC)と当該社員との利益が相反する取引をしようとするとき(間接取引)。
    • Ex. 合同会社(LLC)が、業務執行社員の個人的な債務に関して、業務執行社員の債権者と保証契約を締結しようとしたり、債務引受しようとするとき。
      →社員の過半数の承認が必要

もっとも、この利益相反取引の制限も競業避止義務と同様に会社利益を保護するための規制ですので、あらかじめ定款で別段の定めをすることも可能です。

ですから、利益相反取引を一切禁止することもできますし、逆に、社員の承諾を一切不要とすることや、承諾の要件を緩和することもできます。

なお、利益相反取引について当該業務執行社員以外の社員の過半数の承認を得た場合には、民法108条の規定は適用されませんので、当該業務執行社員が同時に合同会社(LLC)を代表することも認められます。

競業避止義務・利益相反取引の制限のまとめ

  原則 例外
競業行為 禁止 当該業務執行社員以外の社員全員の承認があれば可能
利益相反取引 当該業務執行社員以外の社員の過半数の承認があれば可能
ページの先頭へ戻る

ご自身の手で、最も安く、簡単に合同会社を設立したい方へ!

自分で出来る!合同会社設立キット 12,600円自分で出来る!合同会社設立キット 12,600円

自分で出来る!合同会社設立キットでは、合同会社設立手続きに必要な書類一式の雛型を同梱しております。(現物出資による合同会社設立にも完全対応)

会社設立実績1500社を超える専門家が、一般の方でも簡単に設立手続きが出来るよう作成しました。どうぞご安心下さい。

融資を断られた方でも資金調達可能「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

利用条件は2つ。
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)

お客様の声を紹介

お問い合わせ・面談のご予約・サービスのお申込はこちら

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

代表 行政書士 齋藤史洋 東京都行政書士会所属(登録番号 第07081051号)〒104-0061東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル504号

合同会社設立をお考えの方はお気軽にご相談ください。

合同会社設立手続きサービス提供可能地域。日本全国対応致します。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ページの先頭へ戻る
powered by 行政書士HP作成サービス.com